亜鉛不足を補うのに最適なサプリを紹介!【亜鉛不足の症状を改善】

亜鉛不足

亜鉛不足になると、味覚障害や抜け毛をはじめとした、様々な症状が出ます。

 

このサイトでは、亜鉛不足の症状や原因、効果的に改善できるサプリメントなどを紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

亜鉛不足の症状って?

亜鉛不足

亜鉛不足になると、味覚障害や抜け毛などの症状が出ることが多いです。

 

「最近、味噌汁の味がわからない」、「何だか抜け毛が増えてきた」ということを感じた場合、亜鉛不足になっている可能性があります。

 

亜鉛は、ミネラルの一つで、免疫機能などに影響しています。

 

ダイエットを行ったり過度に運動をしてしまうと汗や尿と共に体の外に排出されてしまい、慢性的に亜鉛不足になってしまいます。

 

また、お菓子やインスタント食品に含まれている添加物も亜鉛がうまく働かないようにしてしまいます。

 

亜鉛不足の症状には、他にも、

  • 味覚障害
  • 肌荒れやシミ
  • 貧血やた立ちくらみ
  • 抜け毛や切れ毛が多くなる
  • 擦り傷が治りにく
  • 風邪などの感染症にかかりやすくなる
  • 爪が割れやすくなる
  • 目が疲れやすい、夜盲症

など、多岐にわたる症状が出ます。

 

亜鉛不足になると味覚障害になる?

味覚障害の原因は、心因性や薬剤性、舌の病気といった様々なことが考えられます。

 

中でも多くの場合の原因としてあげられるのが「亜鉛不足」です。

 

亜鉛不足

そもそもなぜ味覚障害が起きるのかというと、亜鉛が細胞の新生に重要な栄養素だからです。

 

細胞の新生は、子供の発育や傷の回復速度にも影響を及ぼします。

 

そして味蕾(みらい)と呼ばれる舌の細胞の中の味細胞は、身体の中でも特に新陳代謝の速度が速く、頻繁に生まれ変わります。

 

そのため、亜鉛不足になると味細胞の代謝が低下し、味覚障害が引き起こされるというメカニズムになっています。

 

現代人の食生活の偏りはいろいろな場面で言われていますが、味覚障害においても例外ではありません。

 

亜鉛を多く含む食材として有名なのは牡蠣ですが、牛肉や豚肉、卵などにも豊富です。

 

また胡麻や煮干しにも含まれていますので、うまく食材を組み合わせて亜鉛不足の解消につなげましょう。

 

亜鉛不足の原因

亜鉛不足になる原因は様々なものがありますが、代表的なものとしては以下の項目が挙げられます。

 

  1. 添加物の多いインスタント食品や加工食品の食べ過ぎ
  2. ストレス
  3. アルコールの摂取量が多い
  4. 無理なダイエットや食事制限
  5. 薬の副作用

 

また、食物繊維やタンニンと一緒に亜鉛を取った場合、うまく亜鉛が体の中に吸収されないこともあります。

 

亜鉛不足を解消するために摂取したい食事

亜鉛不足

亜鉛不足を解消するには、食事に気を配ることが大事です。

 

まず、亜鉛は加工食品やインスタント食品を多くとってしまうと体の中に吸収されにくくなり、慢性的に不足になります。

 

そのため亜鉛不足を解消するにはできるだけ加工食品に頼らない食事をすることが大切になります。

 

逆に、亜鉛が多く含まれていて、亜鉛不足の時にぜひ摂取したい食べ物は、以下のようなものです。

 

牡蠣、うなぎ、チーズ、卵黄、大豆製品、そば、ごま、緑茶、ココアなど

 

また、意外とカニ缶やコンビーフ缶、ハマグリの佃煮などにも含まれています。

 

ちなみに、カキであれば2粒食べるだけで1日分を賄うことができます。

 

【最後に】亜鉛不足を効果的に改善できるサプリはコレ!

亜鉛不足

亜鉛不足を改善、または予防するためには、以上のように食事に気をつけることが大事です。

 

そして、食事だけではなく、過度なダイエットに気をつけたり、ストレスを溜め込まないようにすることも大切です。

 

また、1番手っとり早い改善・予防の方法は、亜鉛を効果的に摂取できるサプリメントを服用することです。

 

中でも、亜鉛の量や吸収率に定評があるのが、「海宝の力」というサプリメントです。

 

他のサプリメントよりも、亜鉛不足に効果的です。

 

キャンペーンページから購入すると、最安値で購入できるので、まずは試してみることをオススメします。

 

▼最安値キャンペーン【返金保証付き】▼

亜鉛不足